スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.03.24 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    【RAN2012】国立新美術館プログラム《屋外特別展示 「発泡苑」》《野ダテ○△□〜掛け軸に描いて、お茶室で鑑賞しよう!》開発好明さんコメント紹介!

    0
      JUGEMテーマ:アート・デザイン


      こんばんは!

      今回は国立新美術館プログラム
      《屋外特別展示 「発泡苑」》《野ダテ○△□〜掛け軸に描いて、お茶室で鑑賞しよう!》を展開される、アーティスト開発好明さんのコメントを紹介したいと思います!

      皆様、是非チェックを!

      =========================================================

      Q1.「六本木アートナイト」出展予定の作品について教えてください。
      A.発泡苑  納屋 2作品 野田裕示さんとのコラボレーション


      Q2.上記の作品について、オススメの鑑賞方法やポイントはありますか?
      A.木製の納屋と発泡スチロール製の茶室の環境の違うインスタレーションの中に存在する野田裕示さんの平面のコントラスト


      Q3.「六本木アートナイト」についての印象は?
      A.たった一日という儚い展示だからこそ、様々な参加者の作品がより光を放ち人を各会場に集めていると思います


      Q4.「六本木アートナイトに参加するアーティストの中で気になる方はいますか?
      A.草間弥生さんが私たちの展示の横に設置されるそうなので、とても気になります。


      Q5.「六本木アートナイト」に参加が決定した後の周囲の反響は?
      A.いつ発表して良いのかまだ回りにあまり話をしていないので判りません。 


      Q6.アートナイト当日は、どこのエリアで、どのように過ごされる予定ですか?
      A.全会場を途中で飲み屋に入りながら回る予定です


      Q7.「六本木」の魅力とは?
      A.人種による異文化と美術館が集中した事によって総合的に過ごせる場所としての魅力を感じます。


      Q8.「六本木」でお気に入りのスポットを教えてください。
      A.国立新美術館のカフェ、ラーメン一風堂、森ビルのミュージアムショップ


      Q9.来場者・ブログ読者に向けて、六本木アートナイトに対する意気込みを教えて下さい。
      A.美しい場所や環境の中に、田舎で見かける納屋を移築する事でのミスマッチがどのように見えるのか楽しみにしています。


      【アーティストプロフィール】
      開発好明かいはつよしあき)


      観客参加型の美術作品を中心に、02年にPS1 MOMA、04年にヴェネチア・ビエンナーレ。毎年3月1日の「サンキューアートの日」の企画者としても知られる。


      ツイッター: @kaihatsuart
      HP: http://www.yoshiakikaihatsu.com/

      =========================================================


      以上です!

      開発さんもお忙しい中ありがとうございました!

      開発好明さんが展開する、

      《屋外特別展示 「発泡苑」》

      は、3月24日(土)10:00 〜 26日(月)18:00まで、
      国立新美術館 正面玄関付近にて展開いたします。

      《野ダテ○△□〜掛け軸に描いて、お茶室で鑑賞しよう!》


      は3月24日(土)13:00〜17:00まで、
      国立新美術館 別館3階多目的ルーム 他にて展開いたします。
      ※要事前申込み。申込み方法は国立新美術館HPへ。(申込み〆切 3/15必着)
      ※定員制のため、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

      皆様、是非お楽しみください!


      「六本木をきれいにする会 × 六本木クリーンアップ アートナイトスペシャル 2012」参加者募集!

      0
        JUGEMテーマ:アート・デザイン

         
        本日は昨日に引き続き少し暖かいですね!
        「六本木アートナイト2012」当日も暖かい日になればと願っています。


        今回は「六本木アートナイト」をささえてくれている、
        「六本木をきれいにする会」「六本木クリーンアップ」のご紹介をさせていただきます!



        「六本木をきれいにする会」は“自分達が大好きな六本木をキレイにしよう!”という主旨に
        賛同された方々によるボランティア活動を行う団体です。
        活動内容としては、毎週金曜日の午後8時より、
        六本木交差点を中心とした歩道の掃除を行われています。

        「六本木クリーンアップ」は六本木ヒルズ自治会体が行う地域貢献活動の一環として
        執り行われているものです。
        こちらは毎月第三土曜日の朝9時から六本木エリアの清掃活動をしています。

        この二つの団体の皆様には毎年「六本木アートナイト」に参加していただき、
        コラボレーションで朝の清掃活動を行っていただいております。
        ご来場者の皆様がキレイな街でかつ快適に一夜を過ごしていただけるのも、
        陰で支えていただいていた、この方々のおかげだったんです!

        3月25日(日)「六本木アートナイト2012」の当日はコアタイム終了後のAM10:00〜実施いたします。
        六本木アートナイトを楽しんだ後はみんなで街をキレイにしましょう!!
        皆様のご参加をお待ちしております。


        <2010年の様子>


        <2010年の様子>

        お客様とアーティスト、そしてイベントを支えるスタッフが一丸となり、
        六本木という街が創り出す暖かさや可能性を今回も感じとっていただければと思います。

        =========================================
        【開催概要】
        『六本木をきれいにする会×六本木クリーンアップ アートナイトスペシャル2012』

         日   時: 3月25日(日) AM10:00〜11:00(受付開始9:30)
         集合場所: 東京ミッドタウン PLAZA1F(外苑東通り沿いの広場)
          お申し込み: webサイト⇒
        http://www.roppongihills.com/association/cleanup.html
         お問合せ: 六本木ヒルズ自治会事務局
                 [電 話] 03-6406-6383
                 [メール] cleanup@mori.co.jp

         申し込み〆切: 3月15日(木)
        ※参加者全員に素敵なプレゼントをご用意しています!
        ※少雨決行です。荒天時のみ中止となります。
        ※解散は六本木ヒルズになります。
        ※手荷物はお預かりできません。予めご了承ください。
        =========================================

        【各館からのお知らせ】東京ミッドタウン オールナイトで楽しむオススメ店舗「Ba-tsu」のご紹介!

        0
          JUGEMテーマ:アート・デザイン

          早いもので六本木アートナイト」まで
          あと3週間をきっております。

          開催に向け、着々と準備が進行しています。

          本日は、東京ミッドタウンの広報ご担当の方から、
          オススメ店舗「Ba-tsu」のご紹介です!

          皆様ぜひチェックを!



          こんばんわ!
          東京ミッドタウンです!

          六本木アートナイト2012の当日、東京ミッドタウン内のショップやレストランではいろいろなサービスなどをご用意して、お客様をお待ちしております。
          その中でも特別イベントを実施するのはスペイン・バルの「Ba-tsu」。
          リーズナブルな価格で気軽に楽しめるということもあり、東京ミッドタウンのお客様にも大変人気のお店です!
          こちらでは、24日にオールナイト営業だけではなく、「富士山グラスナイト」と題して、「Tokyo Midtown Award」デザインコンペから生まれた「富士山グラス」でビールが楽しめるイベントを開催予定です。
          そこで、支配人の「千田 匠」さんに当日の楽しみ方などをお伺いしてきました!

           
          Ba-tsu」お店の外観。               富士山グラス イメージ。
                                         ビールを注ぐと泡が雪のように見えるという素敵なグラスです!

          Q.通常のグラスと少し違った形をしている「富士山グラス」ですが、ビールを注ぐときの心得・ポイントはあるんですか?

          A.通常お店で使っているグラスよりも飲み口が小さいので、いつも以上にビールの泡を丁寧に注ぎ、泡の口当たりを良くするようにしています。また、においがこもりやすいということもあるので、洗浄もしっかりとしていますよ!

          富士山グラスにビールを注ぐ千田さん。泡の加減が完璧!お見事!

          Q.「富士山グラス」はビール以外にもオススメのメニューは?

          A.アルコールであればレッドアイを注いで「赤富士」、黒ビールを注いで「黒い富士山」に。
          また、ノンアルコールであればアイスのカフェラテもオススメです。
          ミルクの部分が富士山の雪になりますし、コーヒーのブラウンとミルクのホワイトのコントラストもきれいに見えると思いますよ!

          当日は基本的に富士山グラスはビールのみのご提供ですが、「ブログを見た!」もしくは「富士山オレ!」とスタッフにおっしゃっていただいたお客様には、特別にレッドアイ、黒ビール、アイスのカフェラテも富士山グラスにてお作りしますよ!と、千田さん。是非、ブログご覧になった方はお試しあれ!


          打ち合わせ中の千田さんと、打ち合わせ中に富士山グラスでビールを試す(?)担当者R。これも仕事ということで!

          Q.アートナイト当日のオススメメニューは?

          A.オススメはやはり生ハムや自家製ソーセージです。また、オールナイトであってもスペイン・バルという手軽に気軽に楽しめる店として、おいしいメニューをご提供しますよ!!


          入り口入ってすぐにつるされている美味なハムたち!!!逆光ですみません。。。

          Qお店の中や店長さんの日常でアートだなと思うことは?

          A.そうですね、個性的なスタッフたちとの働くことがアートですかね(笑)!
          中にはラテアートができるスタッフもおります!通常の営業時でも時間的に可能であれば「クマ」「ハート」などお客様のご要望に合わせた作品をお作りすることが出来ますよ。
          ※ラテアートはアートナイト当日は受け付けておりません。申し訳ございません

            
          ラテアートを作っていただけるスタッフの小林加奈美さんと千田さん。
          ちなみに小林さんのご趣味はお料理とのことです!


          ラテアート(クマ)製作中!
          素敵な手さばきですね〜


          デザインはクマ、うさぎなどの
          定番のほかにトトロも!

          Q.最後に六本木アートナイトに来られるお客様に一言!

          A.お気軽にご利用していただけるお店です!お客様のご要望にお応えしつつ、スタッフ一同、いつも通りアットホームの使い勝手のよいお店として皆様をお待ちしております!

          当日、千田さんはもちろんオールナイトでお店にいらっしゃるそうです!是非、Ba-tsuで富士山グラスナイトをお楽しみください!

          ========================================================
          【店舗情報】
          ■Ba-tsu
          ・場所:プラザ1F 
          ・TEL:03-5413-6380
          ・アートナイト営業時間:3月24日(土)11:00〜5:00
                           3月25日(日)11:00〜24:00
          通常営業時間     :11:00〜24:00
          ・URL:http://www.tokyo-midtown.com/jp/shop-restaurants/restaurant-bar/SOP0000196/index.html


          また、「富士山グラス」は東京ミッドタウン内の下記の2店舗で購入することも可能です!
          価格:3,776円(税込)

          ■Green DeLi
          ・場所:ガレリアB1F 
          ・TEL:03-5413-7510
          ・営業時間:11:00〜21:00
          ■THE COVER NIPPON
          ・場所:ガレリア3F
          ・TEL:03-5413-0658
          ・営業時間:11:00〜21:00



          【各館からのお知らせ】「野田裕示 絵画のかたち/絵画の姿」展を見逃すな!国立新美術館プログラム

          0
            JUGEMテーマ:アート・デザイン

            本日は雨ですね。まだまだ寒い時期が続きますので、皆様お身体にはお気をつけ下さい!
            体調を崩して「六本木アートナイト2012」のに参加できなかった!なんてことがないようにお願いします!(笑)


            さて、本日は、
            国立新美術館の広報ご担当の方からのお知らせです!

            皆様ぜひチェックを!



            こんにちは。

            国立新美術館です。

             

            六本木アートナイト期間中には、2Fの企画展示室で「野田裕示 絵画のかたち/絵画の姿」展を開催中です。

            なんと、24日(土)はお兄さんもお姉さんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、みーんな無料でご覧いただけます!

            今回は、その「野田裕示」展と国立新美術館でのアートナイトの楽しみ方を紹介したいと思います。


            WORK 1536

            2003

            181.8×259.1 cm

             

            30年に渡って「絵画」を追求し続けている画家・野田裕示(のだ ひろじ)の個展。

            チラシやポスターでは伝わりきれない大きさ、四隅からはみでたカンヴァスの耳、重なりあった絵の具の色、よーく見ると何層にも重なっているカンヴァスの布。

            その大きさや質感からは、まるで絵がうごめいているかのような印象を与えます。

             

            今回はこの展覧会のために作られた新作が展示されており、ぜひ見て欲しい作品のひとつです。

            その大きさはなんと、387.8×651.5cmもあり、まさに「圧倒」されます。

            すぐ隣では、その新作の制作風景を記録した映像を上映していますが、手の動きや作業する様子は、「絵を描く」というよりまるで「工芸品を作っている」かのよう。


            WORK 1766

            2011

            387.8×651.5 cm

             

            「絵画のかたち」や「絵画の姿」というタイトルにふさわしく、見終わったときにはまさに絵画の可能性に思いを馳せることでしょう。

             

            さらに、24日(土)〜26日(月)まで、屋外特別展示で現代美術作家・開発好明(かいはつ よしあき)氏による発泡スチロールでできた「茶室」と「納屋」も展示いたします。

            開発さんは、発泡スチロール等を用いた作品やパフォーマンスで独特の世界を創造する美術家として、国内外で活躍されています。(2004年に「ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展」、2006年と2009年に「越後妻有大地の芸術祭」に参加など。)


            発泡苑 in ウインタートゥーア 2007

             

            開発さんによるワークショップも24日(土)に行われますが、人数制限ありで事前申込制(3/15〆切)なので、申込はお早めに!応募多数の場合は、抽選を行います。詳細は国立新美術館ホームページへ。

            橋本聡

            FLOWER 2008年(4日間、1日あたり6時間)

             

            また24日(土)17時頃から、パフォーマンスを伴った斬新な作品を発表するアーティスト・橋本聡(はしもと さとし)氏による国立新美術館スペシャルプログラムを予定しています。

            作家自身が「仕掛け」の一部となり、色々な形で鑑賞者と関わる作品を発表している橋本氏。

            さて、この広い国立新美術館でどのような「仕掛け」を見せてくれるのでしょうか?

            こちらも楽しみです!

             

            そして、24日(土)19時から、3F講堂にて若手アニメーション作家の近作・新作を一挙上映する「TOKYO ANIMA! 2012春」も予定しています。

             

            国立新美術館では六本木アートナイト期間中の24日(土)は22時まで開館(通常土曜18時まで)、「野田裕示」展は観覧無料になっております。※最終入場は21:30まで

             

            草間彌生さんの「PUMPKIN」も館内のどこかに展示されますよ〜、ぜひ探してみてくださいね!

            【各館からお知らせ】本日より予約受付開始!21_21 DESIGN SIGHTのRAN特別プログラム

            0
              JUGEMテーマ:アート・デザイン


              「六本木アートナイト2012」の開催が近づくにつれ、
              私たちスタッフの周りでは日々新しい情報が動き出しています。

              本日は、
              21_21 DESIGN SIGHTの広報ご担当の方から、
              RAN特別プログラムの予約開始のお知らせです!


              こんにちは。
              21_21 DESIGN SIGHTです。 

              昨年9月より開催中の企画展「アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue」展は、ニューヨークのアーヴィング・ペン財団の全面的な協力のもと、北村みどり(三宅デザイン事務所 代表取締役社長)のディレクションにより実現しました。

              六本木アートナイトでは、ペンが活動拠点としたニューヨークにちなみ、三つのプログラムを予定しています。そのうち、二つのプログラムの予約受付が本日より開始します。

               

              ひとつは、雑誌『AERA』の表紙写真などで著名な写真家の坂田栄一郎と、アーティストの亀井武彦によるトーク「サプライズ・オブ・ニューヨーク」です。坂田は、アメリカでリチャード・アヴェドンに師事していた頃、ペンとも会う機会がありました。当時のエピソードは、21_21 DOCUMENTSのリレーインタビュー「アーヴィング・ペンと私」で詳しく語られています。

              http://www.2121designsight.jp/documents/2012/01/-vol18.html

               

              今回は、坂田がニューヨークで出会って以来交流の深い亀井武彦(雅号・玄亀阿仁磨)とともに、驚きからみちびかれた創造と、多様な人々や変化する時代との出会い、その精神的なポジティブ・エネルギーに培われた眼差しについて語り合います。トークの詳細とご予約は、こちらをご覧ください。

              http://www.2121designsight.jp/program/visual_dialogue/events/events120324-1.html

               

              続いて、展覧会の見どころの一つでもあるアニメーションIrving Penn and Issey Miyake: Visual Dialogue」の原画を手がけ、『ニューヨーカー』誌カートゥーニストとして活躍するマイケル・クロフォードの来日トーク。会場ではオリジナルドローイングも展示しています。アニメーションとドローイングについてはこちらから。

               

              http://www.2121designsight.jp/program/visual_dialogue/installation.html#gallery-1

               

              トークでは、『ニューヨーカー』誌での自身の仕事や、本展の作品制作のプロセスなどを紹介します。トークの詳細とご予約、またクロフォードの作品やメッセージはこちらからご覧いただけます。

               

              http://www.2121designsight.jp/program/visual_dialogue/events/events120324-2.html

               

              最後に、ニューヨーク在住の三宅デザイン事務所U.S.代表 金井純による、夜のギャラリーツアーです。金井は、本展ディレクターの北村みどりとともに、13年間にわたるペン・スタジオでのISSEY MIYAKEコレクション撮影に立ち会ってきました。撮影時の体験を交えて会場をご案内する、特別なギャラリーツアーです。なお、本プログラムは予約不要でご参加いただけますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。詳細はこちら。

               

              http://www.2121designsight.jp/program/visual_dialogue/events/events120324-3.html

               

              21_21 DESIGN SIGHTは通常20時までの開館時間を、六本木アートナイト開催の24日(土)に限り、22時まで延長いたします。写真やデザインはもちろん、幅広い分野のクリエーションにご興味をお持ちの方々の心に、きっと響く展覧会です。

              展覧会と同時に、各プログラムにもぜひご参加いただき、ペンが活躍したニューヨークの空気にも、触れていただければと思います。



              PR

              calendar

              S M T W T F S
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              2627282930  
              << April 2020 >>

              archives

              最近のエントリー

              categories

              recent comment

              • 東京ミッドタウンでのオススメの過ごし方 ご紹介!!
                nike air vapormax
              • 「六本木をきれいにする会 × 六本木クリーンアップ アートナイトスペシャル 2012」参加者募集!
                addidas nmd
              • 「六本木アートナイト2010」ガイドブックの設置場所
                nike air vapormax
              • カンパニー・デ・キダムのパフォーマンス動画を特別紹介!!
                kyrie irving shoes
              • 【美術館招待券が当たる!】アンケートご協力のお願い
                Michael Kors Purses
              • 【美術館招待券が当たる!】アンケートご協力のお願い
                りんご
              • 六本木アートナイト限定「草間マフラー」をゲットして♪
                ROPPONGI ART NIGHT 2012
              • 六本木アートナイト限定「草間マフラー」をゲットして♪
                ハト
              • 【RAN2011】東京ミッドタウンプログラム≪時間と存在≫矢野浩二さんのコメント紹介!!
                紳士28号
              • お楽しみいただいた後に 「アンケート」ご協力のお願い
                artnight

              links

              profile


              書いた記事数:61
              最後に更新した日:2012/03/24

              search this site.

              mobile

              qrcode