スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.03.24 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    【RAN2012】六本木ヒルズプログラム《AIR CUSHION SHOW》の津村耕佑さんのコメント紹介!!

    0
      JUGEMテーマ:アート・デザイン

      こんばんは!

      最後に紹介するのは、
      六本木ヒルズプログラム
      《AIR CUSHION SHOW》を展開される、
      アーティスト津村耕佑さんです!

      皆様、是非チェックを!

      =========================================================

      Q1.「六本木アートナイト」出展予定の作品について教えてください。
      A.AIR CUSHION SHOW

      Q2.上記の作品について、オススメの鑑賞方法やポイントはありますか?
      A.六本木ヒルズエリア内をプチプチでつくったウェアーを着て練り歩きます。見てさわって、みんなでコミュニケーションをとりながら楽しみましょう!

      Q3.「六本木アートナイト」についての印象は?
      A.一夜限りに咲く花を楽しむような体験

      Q4.「六本木アートナイトに参加するアーティストの中で気になる方はいますか?
      A.遠藤一郎さん

      Q4.「六本木アートナイト」に参加が決定した後の周囲の反響は?
      A.Air cushion showの情報を知るや否や、ヴィヴィアン佐藤が喜々として是非参加したいと言ってくれました。

      Q5.アートナイト当日は、どこのエリアで、どのように過ごされる予定ですか?
      A.ノーコメント

      Q6.「六本木」の魅力とは?
      A.人と人とが関わることで生まれるクリエーションに出会ってもらいたい。


      【アーティストプロフィール】

      津村さん本人画像!

      津村耕佑Tsumura Kosuke)

      11959年、埼玉生まれ。FINAL HOMEディレクター、武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授。他分野にも影響を与えるような、ファッションの普遍的な美や機能の再発見、応用に取り組む。

      HP:http://www.finalhome.com/

      =========================================================


      以上です!

      津村さんもお忙しい中ありがとうございました!

      津村耕佑さんが展開する、

      《AIR CUSHION SHOW》は、

      24日(土)随時、六本木ヒルズ各所を回遊いたします。


      皆様、是非お楽しみください!

      【RAN2012】六本木ヒルズプログラム《六本木マシーン》《スピンクロコダイル・ガーデン》タムラサトルさんのコメント紹介!!

      0
        JUGEMテーマ:アート・デザイン
         
        こんばんは!

        続いてご紹介するのは、
        六本木ヒルズプログラム
        《六本木マシーン》《スピンクロコダイル・ガーデン》を展開される、
        アーティスト、タムラサトルさんです!

        皆様、是非チェックを!

        =========================================================

        Q1.「六本木アートナイト」出展予定の作品について教えてください。
        A.六本木マシ−ン/2012年、スピンクロコダイル・ガーデン/1997年〜2012年

        Q2.上記の作品について、オススメの鑑賞方法やポイントはありますか?
        A.それぞれノースタワー前の広場に設置しています。ヒルズを背景に見てください。六本木の看板みたいですよ。

        Q3.「六本木アートナイト」についての印象は?
        A.ビル風

        Q4.「六本木アートナイトに参加するアーティストの中で気になる方はいますか?
        A.これからWEB見てみます。

        Q4.「六本木アートナイト」に参加が決定した後の周囲の反響は?
        A.がつんとやってこいと言われました。

        Q5.アートナイト当日は、どこのエリアで、どのように過ごされる予定ですか?
        A.動く作品なので、作品のメンテナンスすぐ出来るように、作品近くでうろうろしてます。

        Q6.「六本木」の魅力とは?
        A.六、本、木のそれぞれの漢字がシンメトリーで、作品として作りやすかったんですよ。

        Q7.「六本木」でお気に入りのスポットを教えてください。
        A.そこまで通ってないんです。

        Q8.来場者・ブログ読者に向けて、六本木アートナイトに対する意気込みを教えて下さい。
        A.作品にさわらないでください。危ないから。

        【アーティストプロフィール】

        タムラさん本人画像!

        タムラサトル(Tamura Satoru)

        1972年栃木県生まれ 1995年筑波大学芸術専門学群総合造形コース卒業 現代美術作家

        HP:http://www.tamurasatoru.com/

        =========================================================


        以上です!

        タムラさんもお忙しい中ありがとうございました!

        タムラサトルさんが展開する、

        《六本木マシーン》
        《スピンクロコダイル・ガーデン》は、

        ノースタワー 特設スペースと、ノースタワー前 芝生広場にてそれぞれ展開いたします。


        皆様、是非お楽しみください!

        【RAN2012】六本木ヒルズプログラム《赤い靴》《jewel》志村信裕さんのコメント紹介!!

        0
          JUGEMテーマ:アート・デザイン
           
          こんばんは!

          本日は六本木ヒルズプログラムから3名のアーティストの方ののコメントを紹介したいと思います!

          まず初めに紹介いたしますのは、
          六本木ヒルズプログラム
          《赤い靴》《jewel》などを展開していただく
          アーティスト志村信裕さんより、コメントを頂戴いたしましたので、皆様にご紹介いたします!!

          皆様、是非チェックを!

          ===========================================

          Q1.「六本木アートナイト」出展予定の作品について教えてください。
          A.身近なものや、日用品が道ばたに降ってくる映像インスタレーションを発表します。
          「赤い靴」、「jewel」など、過去に子供達に人気だった作品を一堂に見せようと思ってます。

          Q2.上記の作品について、オススメの鑑賞方法やポイントはありますか?
          A.子供から大人まで自然と人が集まってくる光景をつくりだせたらと思います。人が作品に集まってる様子も含めて自分の作品だと捉えているので、作品によって生まれた状況そのものも楽しんでもらえるはずです。

          Q3.「六本木アートナイトに参加するアーティストの中で気になる方はいますか?
          A.同じ状況の中でどんな表現をするのか、全員気になります。来場者も各アーティストの異なるアプローチの違いを楽しんでもらえるのではないでしょうか。

          Q4.アートナイト当日は、どこのエリアで、どのように過ごされる予定ですか?
          A.来場者がどんな風に自分の作品と関わるのか、少し離れたところからこっそり観察する予定です。

          Q5.「六本木」でお気に入りのスポットを教えてください。
          A.本屋好きなので、青山ブックセンターは夜遅くまでオープンしてることもあり、六本木に行ったら必ず立ち寄る好きな場所です。

          Q6.来場者・ブログ読者に向けて、六本木アートナイトに対する意気込みを教えて下さい。
          A.六本木ヒルズを筆頭に、思わず見上げてしまう高層ビルに囲まれた華やかな場所ですが、自分の足下(日常)にもおもしろいものや、美しいものがあると発見してもらえたら嬉しいです。

          【アーティストプロフィール】
          志村信裕(Shimura Nobuhiro)

          1982年東京都生まれ、横浜市在住。近年「黄金町バザール2009-11」、「あいちトリエンナーレ2010」等で屋外展示を展開。

          HP:http://nshimu.blogspot.com/

          ===========================================


          以上です!

          志村さんお忙しい中ありがとうございました!

          志村信裕さんが展開する、

          《赤い靴》《jewel》

          は3月24日(土)18:00 〜 翌朝5:30頃まで、
          メトロハット前66プラザにて展開されています!

          皆様、是非楽しみくださ

          【RAN2012】国立新美術館プログラム《屋外特別展示 「発泡苑」》《野ダテ○△□〜掛け軸に描いて、お茶室で鑑賞しよう!》開発好明さんコメント紹介!

          0
            JUGEMテーマ:アート・デザイン


            こんばんは!

            今回は国立新美術館プログラム
            《屋外特別展示 「発泡苑」》《野ダテ○△□〜掛け軸に描いて、お茶室で鑑賞しよう!》を展開される、アーティスト開発好明さんのコメントを紹介したいと思います!

            皆様、是非チェックを!

            =========================================================

            Q1.「六本木アートナイト」出展予定の作品について教えてください。
            A.発泡苑  納屋 2作品 野田裕示さんとのコラボレーション


            Q2.上記の作品について、オススメの鑑賞方法やポイントはありますか?
            A.木製の納屋と発泡スチロール製の茶室の環境の違うインスタレーションの中に存在する野田裕示さんの平面のコントラスト


            Q3.「六本木アートナイト」についての印象は?
            A.たった一日という儚い展示だからこそ、様々な参加者の作品がより光を放ち人を各会場に集めていると思います


            Q4.「六本木アートナイトに参加するアーティストの中で気になる方はいますか?
            A.草間弥生さんが私たちの展示の横に設置されるそうなので、とても気になります。


            Q5.「六本木アートナイト」に参加が決定した後の周囲の反響は?
            A.いつ発表して良いのかまだ回りにあまり話をしていないので判りません。 


            Q6.アートナイト当日は、どこのエリアで、どのように過ごされる予定ですか?
            A.全会場を途中で飲み屋に入りながら回る予定です


            Q7.「六本木」の魅力とは?
            A.人種による異文化と美術館が集中した事によって総合的に過ごせる場所としての魅力を感じます。


            Q8.「六本木」でお気に入りのスポットを教えてください。
            A.国立新美術館のカフェ、ラーメン一風堂、森ビルのミュージアムショップ


            Q9.来場者・ブログ読者に向けて、六本木アートナイトに対する意気込みを教えて下さい。
            A.美しい場所や環境の中に、田舎で見かける納屋を移築する事でのミスマッチがどのように見えるのか楽しみにしています。


            【アーティストプロフィール】
            開発好明かいはつよしあき)


            観客参加型の美術作品を中心に、02年にPS1 MOMA、04年にヴェネチア・ビエンナーレ。毎年3月1日の「サンキューアートの日」の企画者としても知られる。


            ツイッター: @kaihatsuart
            HP: http://www.yoshiakikaihatsu.com/

            =========================================================


            以上です!

            開発さんもお忙しい中ありがとうございました!

            開発好明さんが展開する、

            《屋外特別展示 「発泡苑」》

            は、3月24日(土)10:00 〜 26日(月)18:00まで、
            国立新美術館 正面玄関付近にて展開いたします。

            《野ダテ○△□〜掛け軸に描いて、お茶室で鑑賞しよう!》


            は3月24日(土)13:00〜17:00まで、
            国立新美術館 別館3階多目的ルーム 他にて展開いたします。
            ※要事前申込み。申込み方法は国立新美術館HPへ。(申込み〆切 3/15必着)
            ※定員制のため、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

            皆様、是非お楽しみください!


            【RAN2012】六本木ヒルズプログラム《The Antmaster》久野ギルさんのコメント紹介!!

            0
               
              JUGEMテーマ:アート・デザイン

              こんばんは!
              本日最後のアーティストの方からのコメントをご紹介したいと思います!

              続いてご紹介するのは、
              六本木ヒルズプログラム
              《The Antmaster》を展開される、アーティスト久野ギルさんです!

              皆様、是非チェックを!

              =========================================================

              Q1.「六本木アートナイト」出展予定の作品について教えてください。
              A.巨大なアリを森美術館の前に出現させます!


              Q2.上記の作品について、オススメの鑑賞方法やポイントはありますか?
              A.《The Antmaster》は動くグラフィティです。更に、ナノラボで録ったアリの音がサントラになっています。音も含めお楽しみ下さい。


              Q3.「六本木アートナイト」についての印象は?
              A.パリの"Nuit Blanche"に並ぶ、世界最大級のアートフェスだと思っています。


              Q4.「六本木アートナイトに参加するアーティストの中で気になる方はいますか?
              A.世界の草間彌生さんはもちろんですが、アーチスト全員楽しみです。


              Q5.アートナイト当日は、どこのエリアで、どのように過ごされる予定ですか?
              A.作品の近くにいるか、六本木アートナイトを探索しています!


              Q6.「六本木」の魅力とは?
              A.美術館とギャラリーが増えてすっかりアートな街になったところ。


              Q7.「六本木」でお気に入りのスポットを教えてください。
              A.森美術館と国立新美術館、ピラミデビル内のギャラリー、Lara Tokyo等


              Q8.来場者・ブログ読者に向けて、六本木アートナイトに対する意気込みを教えて下さい。
              A.日本ではさほど発表していない作品です。私もモデルになってくれたアリさん達も頑張った作品です。是非お楽しみ下さい。

              【アーティストプロフィール】


              Photo by Kenturah Davis



              このアリがどんなアートを見せてくれるか楽しみ!

              久野ギル(Gil Kuno)

              ロサンゼルスと日本を拠点とし、国際的に活動。文化庁メディア芸術祭、アルス・エレクトロニカ他、受賞歴多数。

              HP:http://www.unsound.com/
              twitter:@gilkuno

              =========================================================


              以上です!

              久野さんもお忙しい中、ありがとうございました!

              久野ギルさんが展開する、

              《The Antmaster》

              は3月24日(土)10:00 〜 25日(日)18:00まで、
              森タワー 2F 総合インフォメーション付近で展開いたします。

              皆様、是非お楽しみください!


              【RAN2012】六本木ヒルズプログラム《by the Window "六本木アートナイト2012バージョン"》の池田光宏さんのコメント紹介!!

              0
                 
                JUGEMテーマ:アート・デザイン

                こんばんは!
                本日はなんとあと二人のアーティストのコメントをご紹介したいと思います!

                続いてご紹介するのは、
                六本木ヒルズプログラム
                《by the Window "六本木アートナイト2012バージョン"》を展開される、
                アーティスト池田光宏さんです!

                皆様、是非チェックを!

                =========================================================

                Q1.「六本木アートナイト」出展予定の作品について教えてください。
                A.「by the Window」というタイトルの作品です。窓に人影を映す映像インスタレーションのシリーズを出品します。場所はけやき坂のル・ショコラ・ド・アッシュさんとBoConceptさんの店舗の窓です。


                Q2.上記の作品について、オススメの鑑賞方法やポイントはありますか?
                A.夕暮れ時から徐々にあたりが暗くなっていくのに合わせてプロジェクターの光が鮮明になっていく感じをご覧いただけたら!


                Q3.「六本木アートナイト」についての印象は?
                A.スウェーデンのヨーテボリでも「カルチャーナイト」というイベントがありました。夜遅くまで美術館や劇場に人が集まるお祭りムードはわくわくします。


                Q4.「六本木アートナイト」に参加が決定した後の周囲の反響は?
                A.昨年の中止をうけて無事の実施を心配してくれますね。


                Q5.アートナイト当日は、どこのエリアで、どのように過ごされる予定ですか?
                A.作品のあるけやき坂周辺にだいたいいますよ。たぶん。でも寒くなったら、おいしいカレー屋さんにいます。


                Q6.「六本木」の魅力とは?
                A.僕は六本木で打ち合わせって事が多いんですけど、そういう意味で『魅力的な出会いの場所』です。


                Q7.「六本木」でお気に入りのスポットを教えてください。
                A.いろいろありますが、まずは「バーガーキング」ですね。 あと、アリーナカフェのクレープもいいですね。「青山ブックセンター」も六本木に来ると立ち寄ります。


                Q8.来場者・ブログ読者に向けて、六本木アートナイトに対する意気込みを教えて下さい。
                A.ご鑑賞まえにはハンカチをご用意ください。。。


                【アーティストプロフィール】


                池田さん本人画像!

                池田光宏(Ikeda Mitsuhiro)

                1969年横浜生まれ。2007年から2009年までスウェーデンに滞在。アートカレー部部員。昨年は黄金町バザール、AOBA+ART等に出品。

                HP:http://www.mitsuhiroikeda.com/
                twitter:池田光宏 @IkedaMitsuhiro

                ↓池田さんの作品YOUTUBE映像
                http://www.youtube.com/watch?v=nKJa4z8q1CA

                =========================================================


                以上です!

                池田さんもお忙しい中ありがとうございました!

                池田光宏さんが展開する、

                《by the Window "六本木アートナイト2012バージョン"》


                は、3月24日(土)10:00 〜 25日(日)18:00まで、
                ル ショコラ ド アッシュ/BoConceptにて展開いたします。


                皆様、是非お楽しみください!

                【RAN2012】六本木ヒルズプログラム《syringe(IDNo.3 Y.S.)》《fluctuation of life》青木美歌さんのコメント紹介!!

                0
                   
                  JUGEMテーマ:アート・デザイン

                  こんばんは!本日はうるう年ですね!

                  なんだかワクワクする本日は、
                  六本木ヒルズプログラムの、
                  《syringe(IDNo.3 Y.S.)》《fluctuation of life<Rr>》を展開していただく
                  アーティスト青木美歌さんより、コメントを頂戴いたしましたので、皆様にご紹介いたします!!

                  皆様、是非チェックを!

                  ===========================================

                  Q1.「六本木アートナイト」出展予定の作品について教えてください。
                  A.六本木ヒルズ、ウェストウォークのPonte Vecchioさんと、Samantha Thavasaさんのショーウインドウに、ガラスの作品を展示させて頂きます。


                  Q2.「六本木アートナイト」についての印象は?
                  A.まるで初詣のようだと伺っています。


                  Q3.「六本木アートナイトに参加するアーティストの中で気になる方はいますか?
                  A.夜の六本木が草間さんの世界になるとのこと、とても楽しみにしております。


                  Q4.「六本木アートナイト」に参加が決定した後の周囲の反響は?
                  A.皆さん応援してくれました。


                  Q5.アートナイト当日は、どこのエリアで、どのように過ごされる予定ですか?
                  A.ウェストウォークを中心に、全エリアをウロウロしたいと思っています。


                  Q6.「六本木」でお気に入りのスポットを教えてください。
                  A.友達のプレゼント選びに迷ったら、西麻布の方にあるmitateショップさんに行きます。


                  Q7.来場者・ブログ読者に向けて、六本木アートナイトに対する意気込みを教えて下さい。
                  A.楽しみにしています


                  【アーティストプロフィール】
                  青木美歌(Aoki Mika)

                  有機的な表情をもつガラスのインスタレーション作品を制作。第11回岡本太郎現代美術展入選。2010年SICF11でグランプリ受賞。

                  HP:http://www.sing-g.net/

                  ===========================================


                  以上です!

                  青木さんお忙しい中ありがとうございました!

                  青木美歌さんが展開する、

                  《syringe(IDNo.3 Y.S.)》《fluctuation of life<Rr>》

                  は3月24日(土)10:00 〜 25日(日)18:00まで、
                  本木ヒルズ、ウェストウォークのPonte Vecchioと、Samantha Thavasaにて展示されています!

                  皆様、是非楽しみください!


                  1

                  PR

                  calendar

                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  2627282930  
                  << April 2020 >>

                  archives

                  最近のエントリー

                  categories

                  recent comment

                  • 東京ミッドタウンでのオススメの過ごし方 ご紹介!!
                    nike air vapormax
                  • 「六本木をきれいにする会 × 六本木クリーンアップ アートナイトスペシャル 2012」参加者募集!
                    addidas nmd
                  • 「六本木アートナイト2010」ガイドブックの設置場所
                    nike air vapormax
                  • カンパニー・デ・キダムのパフォーマンス動画を特別紹介!!
                    kyrie irving shoes
                  • 【美術館招待券が当たる!】アンケートご協力のお願い
                    Michael Kors Purses
                  • 【美術館招待券が当たる!】アンケートご協力のお願い
                    りんご
                  • 六本木アートナイト限定「草間マフラー」をゲットして♪
                    ROPPONGI ART NIGHT 2012
                  • 六本木アートナイト限定「草間マフラー」をゲットして♪
                    ハト
                  • 【RAN2011】東京ミッドタウンプログラム≪時間と存在≫矢野浩二さんのコメント紹介!!
                    紳士28号
                  • お楽しみいただいた後に 「アンケート」ご協力のお願い
                    artnight

                  links

                  profile


                  書いた記事数:61
                  最後に更新した日:2012/03/24

                  search this site.

                  mobile

                  qrcode